今読んでいるのはシエスタ函館で買った森茉莉の古本。

ドイツ帰りの鴎外の元で育った幼少期から結婚してからのフランス滞在。

感受性が強い時期に異国の空気をたくさん吸っているから、茉莉は自分の小さな

部屋にいてもあっちの国からこちらの国へ、自由に旅することができる。

わたしはどちらかと言えば林芙美子寄りで、乏しい空想だけじゃ物足りなくて

なけなしのお金をかき集めていつもどこかに行きたくなってしまう。

でもこの本を読んでいると束の間、場所も時代も遠いところにいる気分。

 

JUGEMテーマ:オススメの本


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM