今読んでいるのは100年前にフランスで書かれた本。

待ち合わせ中にたまたま見つけて、装丁が素敵だったのとタイトルに惹かれて。

ニーチェみたいな刺激的な格好良さやアドラーのような突き放した爽快感はないけど、

大きくてゆったりした、例えば、森のフクロウみたいなのに静かに諭されている感じ。

この本が出版された後に第一次世界大戦が始まったことを考えると、不安と焦燥が入り

混じった今の世界の心理状態と著者の時代はすごく似ているのかもしれない。

わたしたちはびっくりするくらい愚かだから、聡明な先人たちの話に耳を傾けて背筋を

伸ばさないと。ぼんやりしてたら狡猾な脅し文句や誘惑にすぐに引っかかってしまう。

 

JUGEMテーマ:オススメの本


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM