香港の帰りの飛行機で「LION ライオン 25年目のただいま」を鑑賞。

小さな子供が一人ぽっちになる不安や弟を捜すお兄ちゃんの気持ち、

25年間同じ場所で子供を待っていた実母の想いに胸がキューってなる。

育ての父母がとても素敵な人たち。

育ての母スーは地球上にすでに不幸な子供が大勢いることから、自分で産まずに

その子たちを養子にして育てる選択をした人。

こういう人がいてくれたからこそ、サルーは立派な大人になって実母を捜し出せた。

サルーは今ではタスマニアとインドを行き来し、インドで孤児院を営んでるそう。

世界中で閉鎖的な思想が蔓延しているけど、本来人の願いはみな共通(ささやかに幸せ

に暮らしたいということ)なはずで、世界中がこうやって緩やかに繋がっていてほしいな

と思う。

 

JUGEMテーマ:映画の感想


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM