京都のおみやげいろいろ

 

もろみとちりめん山椒、京ゆばは冬のお籠りごはんのお供に。

千鳥柄の手ぬぐいは細見美術館のミュージアムショップで。

辻利の抹茶のお菓子はお土産に便利。

写真の抹茶ラスクの他に小分けの抹茶ロールも買って職場の

人たちに配った。あと小分けになった粉山椒も配布用に購入。

 

ウチュウワガシの和三盆は仲良し3人へ

抹茶、ジャスミン、小豆の3種。

自分用には気になるジャスミン。

 

箱を開けると和三盆がキャンディみたい。

ポップな見た目とウラハラに儚い甘さがすっと口で溶けて上質な味。

 

今回は日程が合わずに行けなかった骨董市。

代わりに骨董屋さんを事前に調べて何店か訪問。

そのなかでも心ときめいたのが「アンティークベル」

素敵なものがたくさんあったけど、お財布と相談してこの2点。

 

朱の漆の小皿2枚と大正ガラスの小皿

 

漆の器は少しずつ集めようと思っている。

シンプルな小皿は和菓子やお正月の黒豆など、いろいろ合わせたい。

 

大正ガラスは好きだけど、なかなか手が出せないものの一つ。

何枚かあって、この一枚だけ見えない裏側に小さな欠けがあるため

2000円のところが700円に。

柄もやりすぎない可愛さで好み。

アンティークベルは女性の店員さんも感じがとても良くて、

次回の京都旅行もアンティークベル→たつみのコースは必須と決めた。

 

JUGEMテーマ:京都


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM