少し前に行った道立文学館の特別展。

柳宗悦が見出した名もなき民芸の数々や宗像志功、芹沢げ陲虜酩覆覆匹療玄─

先日観た「人生フルーツ」の津端家にも民芸がたくさんあったな。

焼き物、塗り物、刃物などの中でわたしはこぎん刺しと防寒具の蓑(ミノ)にしびれた。

こぎん刺しは雑貨小物として最近見かけるから、かわいいなと思ってたのだけど

藍染めの麻布に白糸で刺したこぎん刺しは見事に全く別物の、鳥肌が立つ美しさだった。

蓑も必需品で日用品だけれども、少しでも素敵にしたいという気持ちがよく表れている。

丁寧な物作りに、昔の人が毎日を大切に過ごしてたことが伝わってきてちょっと感動。

入ってすぐに貼ってある芹沢げ陲量鰻殃布図や宗像志功の干支の絵も可愛かった。

毎日使うものこそ、実用的で美しいものじゃないといけないなと実感。

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM